米五家の歴史

−先祖は単なる過去の人ではない 己の生命(いのち)の中に今も生きている−

初代
多田彦四郎
釋乗荷 貞亨4年9月13日没

寛文年間、徳川家綱の頃、元録文化はなやかしき時代に、勝見大米屋、多田善右ヱ門家より分れて一家を創設し、米屋を開業。当時の米屋は今の銀行に相当し、福井藩内の金融機関の一端をになっていた。米五の本家、勝見大米屋(多田善右ヱ門景連)は、現在の菩提寺演仙寺の四代住職、願順の弟で、当時は武士として越前の野に転戦したが、豊臣徳川の時代となり天下和平の相を呈するや、福井城下にて米屋を営み、越前の金融機関の中心となった。本家大米屋のニ代目の頃、多田彦四郎が米五家を別立したのである。現在ある米五家の墓には、この本家の初代とニ代の夫婦の法名も彫り込んである。これは、この墓を建立した人(恐らく三代目多田五右ヱ門と思われる)が、自家の系譜を明らかにする為に記入したものと思われる。従って、米五の初代は本家大米屋より数えて三代目に相当する。尚、福井名物「ばか囃子」の面は、この本家大米屋の善四郎が寄進したものである。

ばか囃子の面
二代目
多田五右ヱ門
釋乗円 正徳2年1月1日没

七代目までは五右ヱ門を襲名する。
この人は、勝見大米屋の系図にも記録があるところをみると、本家の血縁の者で、初代彦四郎に子がなかった為、大米屋の息子が相続したものであろう。米五と云う名称は、この頃(約300年前五代将軍綱吉の頃)より始まるものである。

三代目
米屋五右ヱ門
寛保2年9月13日没
四代目
米屋五右ヱ門
明和4年9月19日没
五代目
谷町五右ヱ門
文化10年3月29日没

米五家は、代々米屋を営んできたが、この五代目頃より醤油みそ業を始めたと思われ、演仙寺の過去帳によると、この時代より米屋と云う称号がなくなっている。

六代目
多田五右ヱ門
明治14年10月9日没

多田家は代々熱心な仏教信者で、特に仏の教えを尊んだが、又、俳諧や絵画も嗜んだ。亡くなる時、次の辞世を残す。

−かりそめの うき世に住むも ただならず
     南無阿弥陀仏の 御恩忘るな−
  −花の世の  花見おわりて うれしきは
     限りなき世の  花を見るかな−

六代目 多田五右ヱ門
七代目
多田五右ヱ門
明治44年12月13日没

この人も大変ご法を喜ばれ、若い時は家業にはげんで家運を起した。慶應3年より明治34年までの決算成績表を記録し、その中で『茲二年々比較ヲ列記シ併セテ将来ノ勉カヲ奨励スル為メ一言ヲ掲ケ以テ永遠ニ服膺 ス可キ事ヲ務ム』と書き、次の家訓を残している。
 心 愈 謙 則 徳 愈 崇
 事 愈 勤 仍 業 愈 廣
もともと、俳諧や絵画に秀でて、美濃派十四代宗匠(雅号−其流)を務めた程で、家業を次代に譲ってからは、諸国の山水の佳景に足を運び俳句を作ったり絵をそえたりした。その手のあとが、お盆や屏風に家宝として残っている。又、能の舞もすぐれ、能楽堂での舞で松平文岳公(松平十八代康荘)より「佳気満高堂」と書かれた軸を、賞として戴いた。

八代目
多田五七郎
昭和21年4月21日没

大変温和な方で、先代を継ぎ業に励む。仏の道を大切にし、常に家族にもその事を云いきかせた。仁愛学園の創立に協力し、又、大正7年には、弟の八木友作氏など有志と共にフク醤油株式会社の設立に力を注いだ。俳諧・絵に趣味を持ち(雅号−文湖)心なごやかな日々を送った。

八代目 多田五七郎八代目 多田五七郎
九代目
多田五郎治
昭和39年3月26日没

享年58才と短命であったが、その生涯の後半は、国は敗戦、米五にとっては空襲・震災・水害など波瀾万丈の時代であった。そのピンチを、禍転じて福となし、米五の近代化を目指して昭和29年、株式会社米五商店を設立し、その礎をつくる。

九代目 多田五郎治
十代目
多田健治
平成12年7月1日没

苦しい時に家業を継いだが、PRや社交性に富み「米五のみそ」をキャッチフレーズに、みそ専業としての地位を高めた。スーパーへの進出や近代的設備の充実に励み、無借金経営を実現した。また、政治経済に興味を持ち、自他共に認める鉄道ファンでもあった。特に欧州の鉄道を乗るために何度かの渡欧があった。あと少しで全線乗車を夢見ていたが、晩年の闘病生活で残念ながら叶わぬ夢となった。

十代目 多田健治
十一代目
多田和博

1980年福井大学電子工学科卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。ファイル転送の開発やISO8571規約作成に携わり、1991年に家業の米五に戻る。2001年、代表取締役社長に就任し、現在に至る。卸や業務用中心だった従来の販路を見直し、1993年より通販による直販を開始した。1997年よりインターネットでの味噌の通販を開始し販売量の増加に貢献する。また、「米五」ブランドにも力を入れ、高品質の味噌屋のイメージアップを図る。2006年には福井市春山の店舗をリニューアルし、味噌量り売り専門店として、より顧客志向を強めた店舗展開をしている。

十一代目 多田和博